テキスト・サービス「ctfmon」

ctfmon.exeはテキスト・サービスと呼ばれるバックグラウンド・プログラムで、Windows XP以降のWindows OSをインストールすると標準でインストールされ、ログオン時に自動起動されます。
テキスト・サービスは、アプリケーションの入力処理機能を拡張するために提供されているもので、このプログラムにより、キーボード入力だけでなく、音声認識入力や手書き認識入力などを統合的に扱えるようになります。

しかし、このサービスに対応しているアプリケーションはほとんど存在しないので、起動しなくするのもパフォーマンス的に有効かもしれません。

<方法>

1)コントロール・パネルの[地域と言語のオプション]アイテムを起動し[言語]タブをクリックし、[テキスト サービスと入力言語]グループの[詳細]ボタンをクリックします。Windows XP SP1以降の場合は、このダイアログにある[詳細設定]タブをクリックします。

2)ctfmonを無効にし、自動起動させないようにするには、ここで[詳細なテキスト サービスをオフにする]チェック・ボックスをオンにします。



コメントを残す