Windowsメモリ診断

 

マイクロソフトが配布している物理メモリの診断ソフトです。
以下のサイトからダウンロードして確認してみます。

http://oca.microsoft.com/ja/windiag.asp?SD=GN&LN=JA&gssnb=1

にアクセスして、以下の画面で「Windowsメモリ診断のダウンロード」をクリックします。

PICT53142

 

以下の画面で「Accept」をクリックします。

PICT53143

 

以下の画面で「Save CD Image to Disk…」をクリックすると、CDイメージファイルを作成します。

PICT53144

 

以下の画面で、任意の場所にCDイメージファイルを保存してください。

PICT53145

 

以下の画面が表示されたら、Windowsメモリ診断のCDイメージファイル作成完了です。

PICT53146

 

以下の画面で「Cancel」をクリックし、プログラムを終了し、作成したCDイメージからCDを作成してください。
作成したCDからブートすると、Windowsメモリ診断が開始されます。

PICT53147

 

最初のパスが完了し、エラーが報告されなかった場合は、メモリ は正しく動作しています。
以下の画面の右上の「Pass:2 Test:2 iof 6」とかなっていれば、1回目のメモリテストは正常に終了していて、メモリ は正しく動作しています。
CDを抜いて、「x」キーを押すと、プログラムを終了し、再起動します。

PICT53148

 

ただし、相性問題は、このソフトでは検出されないそうです。



コメントを残す