Win XP Proでハードディスクからファイルを完全に消去

WindowsXPのProfessional版を利用している場合は、「cipher」というコマンドを使えば削除済みデータを復元できないようになります。
ただし、対象とするドライブがNTFSフォーマットされている必要があります。
また、Windowsシステムをインストールしてあるドライブ(通常はCドライブ)は処理できません。

管理者権限でログオンしたら、不要なファイルをごみ箱に移動し、ごみ箱を右クリックして「ごみ箱を空にする」を選びます。
スタートメニューから[すべてのプログラム]竏秩uアクセサリ」竏秩uコマンドプロンプト」を選んで「コマンドプロンプト」ウィンドウを開きます。
例えば、Dドライブの情報完全に消去するには次のようなコマンドを入力して「Enter」キーを押す。

cipher /w:d:

「/w」オプションを使って、対象とするドライブを「d:」のように指定します。

「Enter」キーを押すと同時に空き領域への処理が始まります。
この操作により、ファイルまたはフォルダに割り当てられていないデータが上書きされ、データが完全に消去されます。
ただし、大量の領域を上書きする場合は、処理に時間がかかります。



コメントを残す