IEのタイムアウトの時間

IEでアクセスしたWebページがタイムアウトで表示されないことがあるが、回線の混雑やサーバーの状態で、本来は表示されるのだが、たまたま表示されない場合が多いようです。
デフォルトでは、約5分後にタイムアウトになるように設定されていますが、レジストリを変更することでこの時間を変えることができます。

管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックします。
レジストリエディタが起動したら、次のようにキーをたどります。

KEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Internet Settings

「Internet Settings」を右クリックして「新規」竏秩uDWORD値」を選び、「ReceiveTimeout」というDWORD値を作成します。
これをダブルクリックして、「10進」をオンにして「値のデータ」にタイムアウト値をミリ秒単位で半角数値で入力します。

たとえば10分の場合は「600000」と入力して「OK」ボタンをクリックします。
レジストリエディタを終了してWindowsを再起動すれば、IEのタイムアウト時間が10分になります。

元の状態に戻すには「ReceiveTimeout」というDWORD値を削除します。



コメントを残す