Windows Defender のアンインストール方法

「Microsoft Security Essentials」を「Windows Defender」のインストールされている環境にインストールすると不安定になるようです。
Windows Vistaは、「Microsoft Security Essentials」インストール時に、「Windows Defender」は自動的にアンインストールされますが、
Windows XPの場合、「Microsoft Security Essentials」インストール前に「Windows Defender」を手動でアンインストールしなければなりません。
以下の手順に従って、「Windows Defender」がインストールされているか確認し、インストールされていたらアンインストールしてください。

まず、スタートメニューより「設定→コントロールパネル」を選択してください。

windefdel1

コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を起動します。

windefdel2

「現在インストールされているプログラム」の一覧に「Windows Defender」があったなら、それを選択して、「削除」ボタンをクリックしてください。

windefdel3
以下の画面で「はい」をクリックすると「Windows Defender」がアンインストールされます。

windefdel4



コメントを残す