Security EssentialsとWindows Defender

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091008/338637/

Windows Defenderはスパイウエアのみを検出するのに対して、Security Essentialsは、スパイウエアを含むウイルス全般に対応しているため、Security Essentialsを使用していれば、Windows Defenderは不要とのこと。
Windows DefenderをインストールしているWindows XPのユーザーに対して、Security Essentialsを導入する際には、Windows Defenderをアンインストールするよう勧めています。
Windows Defenderが最初からインストールされているWindows Vista/Windows 7については、Security Essentialsをインストールすると、Windows Defenderは自動的に無効になるようです。



コメントを残す