Microsoftの無料セキュリティ・ソフト「Microsoft Security Essentials」のインストール

「Microsoft Security Essentials」をインストールしてみました。
まず、既存のウィルスソフトをアンインストールします。

私の場合、「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.2」をインストールしていましたので、以下の要領でアンインストールしました。

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=4295

また、ウイルス定義ファイル ダウンロード ツール「PTNDOWN」も使用していたので、以下の要領でアンインストールしました。

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=4297

なお、「Windows Defender」がインストールされていると、Windows Vistaは自動的にSecurity Essentialsのインストールの際にアンインストールしますが、XPは手動でアンインストールしなければなりません。

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=4389

それから、ダウンロードしたファイルの実行です。
Vistaだったので、「mssefullinstall-x86fre-ja-jp-vista-win7.exe」を実行します。
XPの場合、「mssefullinstall-x86fre-ja-jp-xp.exe」となります。

ダウンロード方法は以下をご覧ください。

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=4269

インストールが開始されると、以下の画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

msse01

以下の画面が表示されますので、「同意します」をクリックします。

msse02

以下の画面が表示されますので、「検証」をクリックします。

msse03

以下の画面が表示されますので、「インストール」をクリックします。

msse04

以下の画面が表示されますので、「完了」をクリックします。

msse05

自動的に以下の画面が表示され、更新ファイルのダウンロードとウィルススキャンを開始します。
これには、しばらく時間がかかります。

msse06

スキャンが終わると以下の画面が表示されますので、右上の「×」マークをクリックして閉じます。
最初のスキャンはクイックスキャンなので、スキャンオプションを「フルスキャン」に変更して、「今すぐスキャン」を実行することもできます。

msse07

これで「Microsoft Security Essentials」のインストール終了です。
右下の以下のような緑のアイコンが格納され、コンピューターが保護されます。

msse08

インストール直後のクイックスキャンが20分くらいかかりイラつきましたが、インストール完了後は、すべてが全自動で割と軽く動いているようです。

ちなみに完全スキャンしたら、3時間ほどかかりました。

マイクロソフト作にしては、割と軽く動いているようです。



コメントを残す