DVD Shrink による2層式DVD(最大8.5GB)からの圧縮リッピング

新作映画DVDなどに意外と多い2層式DVD。通常2層式のDVDは容量が8.5GBとなる為、
通常のリッピングでは一般的な安価なDVD-Rへの保存は容量オーバーとなってしまいます。
そこで便利なのがDVD Shrinkなどを使った圧縮リッピングです。
8.5GBの2層DVDも簡単操作での1層DVDの4.7GBサイズへ圧縮できます。
DVD Shrinkの日本語化されたものは、以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.studio-chappu.com/close_to_the_world.html

dvdshrink1

インストールが終了したら、DVD Shrinkを起動し、「ディスクを開く」から「ドライブの選択」にてバックアップ元DVDの入っているドライブ選び選択後、「OK」ボタンをクリックします。

dvdshrink2

バックアップ元のDVDの分析がはじまります。

dvdshrink3

次にDVD Shrinkの基本設定をします。
左上にある「編集」から「各種設定」をクリックし、DVD Shrinkの各種設定パネルを出します。

dvdshrink4

保存容量/圧縮率を決ます。
DVD Shrink 各種設定/各種設定項目で、目標のDVDサイズを指定する選んだら「OK」ボタンで決定します。

dvdshrink5

圧縮タイプは3タイプ

dvdshrink6

DVD-5(4.7GB) :DVD-RやDVD-RWなど4.7GBの1層メディアへの書き込みやHDDへの保存の場合
DVD-9(8.5GB) :DLなど8.5GBの2層メディアなどへの書き込み、またはHDDへの保存の場合
Custom(カスタム):任意でサイズや圧縮率などを変えたい場合
いよいよ、圧縮処理です。
DVD Shrinkの「バックアップ」ボタンをクリックします。

dvdshrink7

一時ファイル用のフォルダを選択します。 「参照」ボタンからファルを指定
※このフォルダがDVD Shrinkの作業用フォルダの一部として使用されます。必要とされるフォルダ容量サイズに注意!

dvdshrink8

DVD Shrinkでリッピングしたデータやイメージの出力先の選択をします。
今回はISOイメージファイルを選択しました。

dvdshrink9

出力方法(保存方法)を選択し、「OK」ボタンをクリックすると、DVD Shrinkによる作業が始まります。

dvdshrink10

完了したら、指定したフォルダにISOイメージファイルが作成されますので、
DVDライティングソフトで焼きます。



コメントを残す