Windows Server 2008 のバックアップ

WindowsServer2008にはGUIの「Windows Serverバックアップ」と
コマンドラインの「WBADMIN.exe」というツールが搭載されています。
しかし、標準ではインストールされないようですので、まず、インストール方法から説明します。

サーバマネージャを開き、その中にある「機能の追加」をクリックしてください。

2008backup1

「機能の追加ウィザード」が開始されるので、「Windows Server バックアップの機能」の2つの項目にチェックを入れてあとは進めるだけです。

2008backup2

インストールはこれで完了です。

スケジュールバックアップ

2003までとは、ちょっとGUIが変わっているので、ちょっととっつきにくかったです。
わりかし簡単な「Windows Serverバックアップ」を説明します。
スタートメニューの管理ツールから「Windows Server バックアップ」を選んでください。

2008backup3

右側の操作欄から「バックアップスケジュール」を選んでください。

2008backup4

バックアップスケジュールウィザードが始まるので「バックアップの構成の選択」まで進めてください。
サーバ全体をバックアップするか、ドライブを選択してバックアップするかを選んでください。
サーバ全体をバックアップする場合はバックアップ先がサーバに含まれないディスクでないとできないので注意してください。

2008backup5

バックアップ間隔を指定してください。1日1回しか選択できないようなものなので使いづらいかもしれません。

2008backup6

バックアップ先を選択してください。システムドライブが入っているディスクとネットワークドライブは選択できません。
選択したディスクはフォーマットされて他の用途に使えなくなるので注意してください。
またスタートメニューのコンピュータをクリックした際にドライブの一覧が表示されると
思いますが、そこにも表示されなくなります。
ックアップスケジュールを解除すると元の状態に戻ります。

2008backup7

「次へ」をクリックし進めて最後に「完了」をクリックしたら終了です。

リストア


リストアするときは、「Windows Serverバックアップ」の画面で「回復」をクリックします。

2008backup8

以下の画面でサーバーを選択し、「次へ」をクリックします。

2008backup9

以下の画面で、カレンダーにバックアップがある日は太文字表示されますので、リストアする日を選択し、「次へ」をクリックします。

2008backup10

以下の画面でリストアする項目を選択し、「次へ」をクリックしリストアします。

2008backup11



コメントを残す