Windows Server 2008 でのタスクのスケジュール

Windows Server 2008 でのタスクのスケジュールは、とても高機能になっているようですが、
ちょっと取っ掛かりにくいので、基本的な設定をメモしておきます。
以下の画面がタスクスケジューラーの画面です。
まず、「基本タスクの作成」をクリックします。

2008task1

以下の画面でタスクの名前を入力し、「次へ」をクリックします。
今回は自動再起動をスケジュールします。

2008task2

以下の画面でスケジュールの単位を選択し、「次へ」をクリックします。

2008task3

以下の画面でタスクを実行する時間を設定し、「次へ」をクリックします。

2008task4

以下の画面で「プログラムを開始」を選択し、「次へ」をクリックします。

2008task5

以下の画面でシャットダウンプログラムを指定し、その引数を設定し、「次へ」をクリックします。

2008task6

以下の画面で「[完了]をクリックしたときに、このタスクの「プロパティ」ダイヤログを開く」をチェックし、「完了」をクリックします。

2008task7

以下の画面で「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」と
「最上位の特権で実行する」にチェックし、「OK」をクリックします。

2008task8

以下の画面で管理者ユーザーとパスワードを入力し、「OK」をクリックしたら終了です。

2008task9



コメントを残す