Exchange 2000 では、バックアップとオンライン保守の時間が重なるとオンライン保守は止まる

最近、Exchange Server 2000 のデータベースの容量が増えるのが速くなって悩んでいたんですが、
原因がわかったような気がします。

Exchangeは、オンライン保守でデータベースの空容量を作っているのですが、
サーバーのバックアップ時間を変更し、オンライン保守の開始時間と重なっていました。
データベースの容量が増え始めた時期と、バックアップ時間を変更した時期とが同じ頃でした。

詳細は、以下のサイトに説明してありました。

http://support.microsoft.com/kb/271222/ja
Exchange 2000 では、オンライン バックアップが開始されると、オンライン保守を実行している MDBで行われているオンラインでのデフラグは停止します。

以下のようなスケジューリングしました。

1)オンライン保守 21:00~翌1:00
2)オフラインデフラグ 1:00~
3)バックアップ 3:00~
4)PDC再起動 4:00~
5)Exchangeサーバー再起動 5:30~



コメントを残す