MS-DOS 起動のブータブルCD作成

1)「VirtualFloppyDriver」 でMS-DOS起動のブートFDのイメージ作成

http://chitchat.at.infoseek.co.jp/vmware/indexj.html

解凍した「vfdwin.exe」を実行すると以下の画面が表示されますので、
「ドライバー」タブを選択して、「インストール」をクリックします。

bw_uploads_vfd1

「開始」ボタンをクリックします。

bw_uploads_vfd2

「ドライブ0」タブを選択し「開く/新規」をクリックします。

bw_uploads_vfd3

イメージファイルを指定し、「ディスク種類」で「FILE」を選択し、「作成」をクリックします。

bw_uploads_vfd4

ドライブ文字の「変更」をクリックし、空いているドライブ名を指定します。

bw_uploads_vfd5

指定したドライブを右クリックし「フォーマット」を選択し、以下の画面で
「MS-DOSの起動ディスクを作成する」をチェックし、「開始」をクリックします。

bw_uploads_vfd6

2) 起動FDイメージをISOイメージに変換

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/3686/fdtoiso.html

ダウンロードしたファイルを解凍し「fdtoiso.exe」を実行します。
「VirtualFloppyDriver」で指定したイメージファイルをドラッグ&ドロップし、
「ISOイメージ作成画面へ」をクリックします。
「ボリュームラベル」は任意です。

bw_uploads_fd2iso1

以下の画面で「実行」をクリックします。

bw_uploads_fd2iso2

以下の画面が表示されたら終了です。
「閉じる」でプログラムを終了し、作成したISOイメージをCDに焼きます。

bw_uploads_fd2iso3

ただ、キーボードが英語キーボードのままのようです。。。泣
日本語キーボードを使えるようにする方法は、以下のサイトに説明してありました。

http://www9.atwiki.jp/juria/pages/96.html

MS-DOS 起動 FD イメージに、keyb.com と keyboard.sys を含め、 autoexec.batに以下を記述すればいいらしい。

keyb.com jp,932,keyboard.sys



コメントを残す