EXCELで「図のリンク貼り付け」機能を使う

Excelでワークシートを切り替えながら作業することが多いとき、「図のリンク貼り付け」機能を使うと便利です。
必要な部分をオブジェクトとして作業中のセルに貼り付けておけば、ワークシートを切り替える手間が省けます。
もちろん、必要がなくなった時は簡単に削除できます。

まず、参照したい部分を選択し「編集→コピー」します。

excel-zulink1

貼り付け先(別のワークシートも可)の適当なセルをクリックし、「Shift」キーを押しながら「編集」メニューをクリックし、一覧から「図のリンク貼り付け」を選択します(この項目は、ふつうに「編集」メニューをクリックしても表示されない)

excel-zulink2

選択した範囲がオブジェクトとして貼り付けられ、位置はドラッグ&ドロップで調整可能です。また、元のデータとリンクしているため、元のデータを修正するとオブジェクトのデータも自動的に修正されます。

excel-zulink3



コメントを残す