Windows XPは、CPUの2次キャッシュを256KBとして認識

Windows XPでは、初期設定でCPUの2次キャッシュ(L2キャッシュ)メモリーの容量を256KBとして認識するようです。
しかし、最近のCPUでは2次キャッシュのサイズが512KB以上となっているため、これに合わせることでパフォーマンスの向上が図れます。

方法は、レジストリエディタを起動で以下の場所に移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Control→Session Manager→Memory Management

Memory Management」というキーを選んだ際に右のペインに表示されます。
「SecondLevelDataCache」をダブルクリックします。
なければ新規にDWORD値を作成します。
このとき開くダイアログで、「10進」をオンにして、2次キャッシュのサイズが512KBならば、「値のデータ」に半角数字で「512」と入力して「OK」ボタンをクリックします。
これで、Windowsを再起動すれば、2次キャッシュのサイズが変更される。

ちなみに自分のパソコンを調べてみたら、2次キャッシュは1Mでした。
1024に変更してみましたが、微妙に速くなった気がします。



コメント

Windows XPは、CPUの2次キャッシュを256KBとして認識 — 3件のコメント

  1. ピンバック: 「新・よろずや工房」のPCカルテ » Windows XPは、CPUの2次キャッシュを256KBとして認識・・・訂正

コメントを残す