「Windows Defender」日本語版の正式版

http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/default.mspx

マイクロソフトは10日、スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」日本語版の正式版を公開しました。
Windows Defenderは、スパイウェアなどの迷惑ソフトウェアを検出し、削除するソフトウェアです。
手動でのスキャンやスケジュール設定による定期的なスキャンによりスパイウェアを検出できるほか、リアルタイム保護機能によりスパイウェアがインストールされる前にブロックすることもできます。
対応OSはWindows XPおよびWindows Server 2003で、64ビット版OSにも対応。また、次期OS「Windows Vista」にも標準で搭載されます。

現在、マイクロソフトの専用ページにて無償でダウンロードすることが出来ます。
また、Windows Defenderに関して無料のサポートインシデント2回分が付いています。

ダウンロード、インストールし、定義を最新のものにし、クイックスキャンするを選択したら、スパイウェアのスキャンを始めました。

スキャンが終ったら、以下のように1件見つかりました。やば!

defender2

内容を確認すると、以下のようなことが書いてあったが、意味わかんない。
とりあえず、削除します。

カテゴリ:スパイウェア
説明:このプログラムは、望ましくない動作をする可能性があります。
アドバイス:このソフトウェアをすぐに削除します。

さらに調べてみると、英語の説明ページへ飛んだ。和訳してみると・・・

悪意があるソフトウェア百科事典: CnsMin
発行日: 2006年9月19日

CnsMinはエクスプローラーが中国の検索入り口として捜すインターネットを向け直すブラウザアシスタントオブジェクト(BHO)をインストールします。 CnsMinは適切なユーザ同意なしでインストールされるかもしれません。 ファイルが取り外されるのを防ぐか、またはファイルを復旧するかもしれない、それ、以前に、取り除いてくださいた。



コメント

「Windows Defender」日本語版の正式版 — 2件のコメント

  1. 今日は!
     私は2台東芝のPCを使用しています。共にWinXpで
    同じ環境ですが、WinXpのプロフェッショナルのPCは、自動的に
    毎日クイックスキャンを実行できません。

    もう1台のWinxPのホームエディションは、自動的に毎日
    クイックスキャンを実行出来ます。

    Q1:WinXpのプロフェッショナルのPCが自動スキャンを
     するための、設定で何か不足しているものがあるので
     しょうか?

コメントを残す