いつもと違うソフトが立ち上がる

ソフトを新たにインストールしたことで、拡張子の「関連付け」が
変わってしまうことがあります。
そのため、同じJPEGファイルを開こうとアイコンをクリックしても、
今まで立ち上がっていたソフトではなく、後から追加したソフトが
立ち上がるという現象が起きます。

対応法として、Windows XPの場合、拡張子とソフトの関連付けを変更するには、
まずいったん開いたファイルを閉じてから、そのファイルのアイコンを
右クリックして「プログラムから開く」を選びましょう。
次に「プログラムの選択」を指定します。「ファイルを開くプログラムの選択」
画面で、開きたいソフトを選び、
「この種類のファイルを開くときは、選択した……」のチェックボックスに
チェックを付ければOKです。
今後、同じ拡張子のファイルを開く際には、常に指定したソフトが立ち上がる
ようになります。
もし開きたいソフトが一覧にない場合は、「参照」をクリックして希望の
ソフトを選択しましょう。

20050802104537-02

Windows Meの場合は、「フォルダオプション」で関連付けの変更が可能です。
デスクトップ上にあるいずれかのフォルダーを開き、メニューの中の「ツール」
を選択して「フォルダオプション」を選びます。
続いて、「ファイルの種類」タブを開いて関連付けを変更したい拡張子を選び、
「変更」ボタンをクリックして開きたいソフトを選べば設定完了です。
ほかの拡張子の関連付けも、この画面で変更できます。
普段からファイルの拡張子をチェックしたいなら、「フォルダオプション」の
「表示」タブを開き、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外せば、
各ファイルの拡張子が表示されるようになります。

20050802104746-03



コメントを残す