WindowsXPでのフォント仕様変更

Windows XP では、MS ゴシックやMS明朝など日本語 固定ピッチフォントの全角文字幅の選択方法が一部変更されます。
したがって、アプリケーションでは可能な限り固定ピッチフォントではなく、MS P ゴシックなどのプロポーショナルフォントを使用する。
暫定回避策として、XPでは、以下のレジストリーを変更することにより、従来の Windowsと同様の仕様で固定ピッチフォントのサイズが選択されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥WindowsNT
 ¥CurrentVersion¥GRE_Initialize
“Jpn98FixPitch”=dword:00000001



コメントを残す