ParaFla でボタンによるアクション

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=789

で紹介した「ParaFla!」でスライドFlashは簡単に作れたのですが、
ボタンアクションも簡単に作れるようです。
以下のサイトで説明されていました。

http://lcl.web5.jp/prog/flashtest.html

少しバージョンが違い、操作が若干違うようなので、以下に補足しておきます、
まず、ボタン用に小さな24ビットフルカラーBMPファイルを用意してください。
ファイルを用意したら、それを左下の素材リストにドロップして追加し、「イベントに追加」します。

paraflabtn1

 

次に、右側のイベントのリストで今追加したフレームを右クリックして「プロパティ」メニューを選択します。

paraflabtn2

 

下の方にある「ボタンにする」チェックボックスをクリックしてチェック状態にし、
「固定画面にする」ボタンをクリックします。
これでボタンになりましたが、このままだと素材のビットマップの後ろに隠れて見えないので、
「固定画面」にある「深度」を2として表示の優先順位を上げてください。

paraflabtn3

 

右上の「>」をクリックするとボタンの描画位置が簡単に設定できます。
表示位置にドラッグしてください。
最後に「適用」ボタンをクリックします。

paraflabtn4

 

これで、ボタンが表示されるようになりました。
ボタンの表示を確認するために、最後に「停止」イベントを挿入し、プレビューしてみましょう。
停止イベントの挿入は、右側のイベントリストの一番下、—–と表示されている行を右クリックして「アクションの挿入」で行います。

paraflabtn5

 

「イベントのプロパティ」ダイアログの「アクション」メニューで「停止」を選んでOKボタンで閉じてください。

paraflabtn6

 

この状態でプレビューすると、アニメ表示が終わる時にボタンとして設定したビットマップが表示され、停止します。



コメントを残す