BuffaloのNAS「LS420D」は初期値RAID0

ミラーリングが可能とのふれこみで売られているBuffaloのNAS「LS420D」だが、初期値はRAID0で設定してある。ミラーリングでリスクを軽減するつもりであれば、RAID1で設定すべきです。

https://t.co/XJPefr6AtX

以下にRAIDの変更方法を説明します。

管理画面にログインしたら、「ディスク→RAID」の変更ボタンをクリックします。

LS420Draid101

以下の画面で、「RAIDアレイ1」をクリックします。

LS420Draid102

以下の画面で、「RAIDアレイの削除」をクリックします。

LS420Draid103

以下の画面で、確認番号を入力して「OK」をクリックしたら、RAIDアレイ削除を開始します。

LS420Draid104

以下の画面が表示されたら、RAIDアレイ削除完了です。「OK」をクリックして下さい。

LS420Draid105

以下の画面で、「RAIDアレイ1」をクリックします。

LS420Draid106

以下の画面で「RAIDモード」を「RAID1」にし、ディスク1とディスク2をチェックし、「RAIDアレイを作成した後にチェック(Resync)する」をチェックし「RAIDアレイの」をクリックします。

LS420Draid107

以下の画面で、確認番号を入力して「OK」をクリックしたら、RAIDアレイ作成を開始します。

LS420Draid108

以下の画面が表示されたら、RAID作成完了です。「OK」をクリックして下さい。

LS420Draid109



コメントを残す