メモリー不足を確認する

最近は、パソコンのメモリは安い方であれば、1GB数千円で買えます。
いろいろ最適化、高速化をやるよりも、メモリ増設が早道かもしれません。
以下にメモリの確認方法を説明します。

<Windows XP>
CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し「タスクマネージャ」を起動します。
以下の画面の右下の「物理メモリー(KB)」にある「合計」の値が利用できるメモリー容量の合計です。
「コミットチャージ(KB)」の最大値が、Windowsが必要としているメモリー量です。
この値が物理メモリー合計の80%を超えていたら、メモリ増設を考えたほうがいいでしょう。

02-px250

 

<Windows Vista>
CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し、表示される画面で「タスクマネージャの起動」を選び、
「タスクマネージャ」を起動します。
「物理メモリー(KB)」にある「合計」の値が搭載メモリーの容量になります。
下の方に表示されている「物理メモリー」のパーセント値が80%を超えていたら、
メモリ増設を考えたほうがいいでしょう。

05-px250



コメントを残す