Office365のメールを転送させる設定

Office365を使うようになったが、メールは従来どおり使い、こちらに来たメールはそちらで受け取りたいとき、Office365のメールを転送させることができます。
その設定を管理者側からする設定を説明します。

まず、管理者でログインしたら、管理者センターに移動します。
office365mailtenso01

「Office365管理センター」で「Exchange」をクリックします。
office365mailtenso02

「Exchange管理センター」で「受信者」をクリックし、「連絡先」タブを選択し、「+」マークから「メール連絡先」を選択します。
office365mailtenso03

最低「表示名」「エイリアス」「外部のメールアドレス」を入力し、「保存」をクリックします。ここでの「外部のメールアドレス」は転送させたいメールアドレスです。
office365mailtenso04

次に「ダッシュボード」の「受信者→メールボックス」をクリックします。
office365mailtenso05

ユーザーを選択し、えんぴつマークの「編集」をクリックします。
office365mailtenso06

「メールボックスの機能」をクリックし、「メールフロー」の「詳細の表示」をクリックします。
office365mailtenso07

「転送を有効にする」をチェックし、転送先に先ほど作成した連絡先を選択します。
Office365にも残したいときは、「転送先アドレスとメールボックスの両方にメッセージ配信します。」にチェックを入れます。
office365mailtenso08



コメントを残す