個人用OneDrive使っていて、OneDrive for Business同期を設定する方法

 

個人用OneDriveアカウントを所有していて、同期設定している人は、OneDrive for Businessを使いはじめる際は、ソフトのインストールはせずに、レジストリー登録して、アカウント設定するだけのようです。

以下のOneDriveのウェブページから「OneDriveアプリの入手」をクリックします。

onedrivebus01

以下の画面で、OneDrive for Businessの下の「ダウンロード」をクリックします。

onedrivebus02

表示されたウェブページの「セットアップガイダンス」の「Windows」をクリックし、その先のウェブページを読みながら設定します。

onedrivebus03

まず、タスク バーの通知領域で白色の OneDrive クラウド アイコンを右クリックし、[終了] を選択して、OneDrive 同期クライアントを終了します。

onedrivebus04

以下の画面で、「OneDriveを終了する」をクリックします。

onedrivebus05

方法2の2の「簡易パッケージ」をクリックし、「OneDrive for Business Next Generation Sync Client Documentation for Windows.ZIP」をダウンロードします。

onedrivebus06

ダウンロードした圧縮ファイルの中の「EnableAddAccounts.REG」を開くと、以下の画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

onedrivebus07

以下の画面で、「OK」をクリックします。

onedrivebus08

スタートメニューから、「Microsoft OneDrive」を実行します。

onedrivebus09

タスク バーの通知領域で白色の OneDrive クラウド アイコンを右クリックし、[設定] を選択します。

onedrivebus10

以下の画面で、「仕事用アカウントの追加」をクリックします。

onedrivebus11

以下の画面で、「サインイン」をクリックします。

onedrivebus12

以下の画面で、Microsoft OneDriveのアカウントとパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

onedrivebus13

以下の画面で、「次へ」をクリックします。

onedrivebus14

以下の画面で、同期したいフォルダをチェックし、「次へ」をクリックします。

onedrivebus15

以下の画面で右上の「バツ」マークをクリックして設定終了です。

onedrivebus16



コメントを残す