PDF-Xchange

PDF-Xchangeは、タブ切り替え型の軽快なPDFビューワーで、同時に複数のPDFファイルを表示することができ、注釈(アノーテーション)の入力やフリーテキスト(タイプライター機能)、矢印、囲み線や既定のスタンプを押すこともできます。

また、ブックマーク(しおり)の挿入も可能です。

インストールをするには、ダウンロードしたインストールファイルを実行します。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/pdfxchange/

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

image001

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。

image002

以下の画面が表示されたら、「同意する」を選択し、「次へ」をクリックします。

image003

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。

image004

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。

image005

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。

image006

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。

image007

以下の画面が表示されたら、「Free版(体験版)」を選択し、「次へ」をクリックします。

image008

以下の画面が表示されたら、「インストール」をクリックします。

image009

以下の画面が表示されたら、「完了」をクリックし、インストール完了です。

image010

最初にPDF-Xchangeを起動した時、以下の画面が起動しますので、「No,and don’t ask me again」をクリックします。

image011

以下に、PDF-Xchangeの操作を簡単に説明します。

ボタンによる回転は、閲覧のための回転で、全ページ回転し、回転した状態を保存できません。

回転した状態を保存したい場合は、メニューより「ドキュメント→ページの回転」を使います。

こちらは、回転するページを指定することができます。

image012

カメラマークの「スナップショットツール」を押した状態で、文書内の任意の領域を四角で選択すると、その部分のイメージがクリップボードにコピーされます。

image013

「T」マークのの「選択ツール」を押した状態で、選択できる文字列を選択し、コピーをすると、選択したテキスト情報がクリップボードにコピーされます。

image014

以下のボタンが入力ツールボタンで、コメント入力や吹き出し、作図、押印などが行えます。

自分の印影をイメージで取り込んおくと、簡易的な押印ができます。

image015

最後に「しおり(ブックマーク)」機能の説明です。

メニューから「表示→ブックマーク」を選択し、ブックマーク窓を表示させ、ブックマークを付ける位置をクリックした後、「新規作成」をクリックし、その名前を入力すると、ブックマークが作成されます。

image016



コメントを残す