アクセス・ベースの列挙機能(ABE)

「アクセス・ベースの列挙機能(ABE)」とは、共有フォルダをネットワーク経由で参照する場合に、アクセス権のないファイルやフォルダは表示させないという機能で、デフォルトは無効になっていると説明だが、今回確認したら、すべてが有効になっていた。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1116abe2008/abe2008.html
そこで、今まで見えていたファイルが見えなくなったと騒ぎになり確認してみたのだが、
以下のように共有のプロパティ画面で、「アクセスベースの列挙」が「有効」になっていた。
これを無効にするには、まず、「詳細設定」ボタンをクリックします。

abe01

以下の画面で「アクセスベースの列挙を有効にする」のチェックをはずすと表示されるようになりました。

abe02



コメントを残す