エクセルパスワード瞬時解除

パスワード保護したEXCELシートの保護をフリーソフト「エクセルパスワード瞬時解除」を使って解除してみます。

使い方は、以下のサイトで説明してありました。

http://n-hirahira18.at.webry.info/201302/article_5.html

まず、EXCELの設定を確認します。

今回は、EXCEL2010を使います。

メニューより、「ファイル→オプション」を選択します。

ExcelPasswordRemover01

以下の画面の左ペインで「セキュリティセンター」を選び、右ペインの下の方の「セキュリティセンターの設定」をクリックします。

ExcelPasswordRemover02

左ペインで「メッセージバー」を選択して、「ActiveX コントロールやマクロなどのアクティブコンテンツがブロックされた場合、すべてのアプリケーションにメッセージバーを表示する」を選択します。

ExcelPasswordRemover03

左ペインで「マクロの設定」を選択して、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」を選択し、右下の「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover04

以下の画面でも、右下の「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover05

以下から、ファイルをダウンロードします。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se499814.html

そして、解凍したフォルダ「ExcelPasswordRemover」の「アドインインストール.xls」を開き、セキュリティ警告の「コンテンツの有効化」をクリックします。

ExcelPasswordRemover06

なぜか、以下のエラーが表示されますが、構わず、「終了」をクリックします。

ExcelPasswordRemover07

以下の画面で、「アドインをインストール」をクリックします。

ExcelPasswordRemover08

解凍したフォルダの中の「エクセルパスワード瞬時解除.xlam」を開きます。

ExcelPasswordRemover09

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover10

そして、これからが本番です。

保護を解除したいEXCELファイルを開き、目的のシートを表示させた状態で、リボンの「パスワード解除」を選択し、「シートパス解除」をクリックします。

ExcelPasswordRemover11

以下の画面が表示されたら、解除終了です。

「OK」をクリックし、シートの保護が解除されているか確認して下さい。

ExcelPasswordRemover12

そう頻繁には使わないと思うので、「エクセルパスワード瞬時解除」は、アンインストールしておきましょう。

インストールしたシートを表示させ、「アンインストール」をクリックします。

ExcelPasswordRemover13

「エクセルパスワード瞬時解除.xlam」を開きます。

ExcelPasswordRemover14

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover15

以下の画面が表示されたら、「「エクセルパスワード解除ソフト」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover16

以下の画面で「はい」をクリックしたら、アンインストール終了です。

ExcelPasswordRemover17


コメントは受け付けていません。