Windows Server 2012 で時刻合わせを自動にする

Windows Server 2012 でNTPサーバーを設定し、時刻合わせを自動にする方法が以下に説明してありましたので、実際やってみます。

http://www.server-world.info/query?os=Windows_Server_2012&p=ntp

左下の Windows アイコンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。

win2012time01

以下のように「gpedit.msc」と入力して、「OK」をクリックします。

win2012time02

「コンピュータの構成→管理用テンプレート→システム→Windows タイムサービス→タイムプロバイダー」をクリックし、 右メニューで「Windows NTPサーバーを有効にする」をダブルクリックして開いてください。

win2012time03

以下のように左上の「有効」にチェックを入れ「OK」をクリックしてください。

win2012time04

左メニューで一つ上の階層の「Windows タイムサービス」をクリックし、右メニューより「グローバル構成設定」をダブルクリックして開いてください。

win2012time05

以下のように左上の「有効」にチェックを入れ、さらに下段のオプション項目の中の「AnnounceFlag」を「4」に変更して、「OK」をクリックしてください。

win2012time06

「ローカルグループポリシーエディタ」は閉じてください。

win2012time07

左下の Windows アイコンを右クリックして「コントロールパネル」を開きます。

win2012time08

「管理ツール」を開きます。

win2012time09

「サービス」を開きます。

win2012time10

「Windows Time」を開きます。

win2012time11

以下のように「自動(遅延開始)」を選択して、「OK」をクリックしてください。

win2012time12

説明サイトでは、Windowsファイヤウォール設定を説明してありますが、今サーバーは、Symantec Endpointをインストールしていますので、そこでポート開放の設定をします。

「ネットワーク脅威防止」の「オプション」をクリックし、「ファイヤウォールの設定」をクリックします。

win2012time13

以下の画面で、「追加」をクリックします。

win2012time14

以下の画面で、「ルール名」に「WindowsTime」と入力し、処理の項目で「このトラフィックを許可する」を選択します。

win2012time15

「ポートとプロトコル」タブを選択し、「プロトコル」で「UDP」を選択肢、「ローカルポート」に「123」と入力し、「トラフィック方向」で「着信」を選択し、「OK」をクリックします。

win2012time16

以下の画面に、「WindowsTime」が追加されているのを確認したら、「OK」をクリックし、Endpointの画面を閉じます。

win2012time17

デスクトップ右下の時間表示の部分をクリックし、「日付と時刻の設定の変更」をクリックします。

win2012time18

「インターネット時刻」タブを選択し、「設定の変更」をクリックします。

win2012time19

以下の画面で、「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックを要れ、「今すぐ更新」をクリックしてみます。

正常に同期したら、設定完了です。「OK」をクリックします。

同期失敗が多いようでしたら、サーバーを別のものに変更してみましょう。

win2012time20


コメントは受け付けていません。