Word2000終了時に「”0x44e27780”の命令が…」エラーが表示された時の回避策

※下図のエラーが表示されても、作成されたWordファイル自体に問題はありません。
0x44e27780-1

「”0x44e27780”の命令が”0x03601ec4”のメモリを参照しました。メモリが”read”になることはできませんでした。プログラムを終了するには[OK]をクリックしてください」

原因:WindowsMEかWindowsXPにATOK12/13/14/15/16/17が既定の日本語入力システムに設定されている環境で、Word2000を終了するときに、Word2000が使用している文章校正より先に、日本語入力システムが終了してしまうのが原因。

回避策:Word2000の文書校正機能をOFFにするか削除する。

文書校正機能をOFFにする方法
[ツール]竏端オプション]
0x44e27780-2

[文章校正]タブをクリックし、「自動文章校正」のチェックを外し[OK]をクリックします。
0x44e27780-3

文章校正機能の削除方法および、このエラーの詳細は、下記ホームページを参照下さい。

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP416709



コメントを残す