ActiveXを使ったHP画面が突然表示されなくなった(Windows7)

表題の原因は、2014年12月のWindowsUpdateによることがわかりました。
http://www.ka-net.org/blog/?p=5099
OfficeでActiveXオブジェクト挿入の際もエラーになるという現象も発生します。
復旧するには、以下のOfficeバージョンにあったKB番号のUpdateをアンインストールする必要があります。
Office 2007:KB2596927
Office 2010:KB2553154
Office 2013:KB2726958
Windows7の場合、スタートメニューから「設定→コントロールパネル→プログラムと機能」を選択します。
7image001

 
右側のペインから「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。
7image002 
 
一覧からOfficeバージョンにあったKB番号のUpdateを選択し、「アンインストール」をクリックします。
7image003

 
「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら、「続行」をクリックします。
これで、工事命令書の入力画面が表示されるようにはなるのですが、そのままにしておくと、自動的にアンインストールしたUpdateがインストールされますので、インストールされないように設定します。
そのためには、スタートメニューから「WindowsUpdate」を起動するか、ないときは、「設定→コントロールパネル→WindowsUpdate」を選択します。
7image004

 
以下の画面で、「更新プログラムの確認」をクリックします。
7image005 
 
「?個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリックします。
7image006

 
一覧からアンインストールしたKB番号のUpdateのチェックをはずし、右クリックし、「更新プログラムの非表示」を選択します。
ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら、「続行」をクリックします。
そして、「OK」ボタンをクリックし、終了です。
7image007


コメントは受け付けていません。