Windows 8でAdministratorアカウントを有効にする

Windows 8(8.1)では通常Administratorアカウントは無効になっており表示されません。
そのため、GUI上ではAdministratorユーザーをアカウント有効にすることはできません。
Windows 8でAdministratorをアカウントを有効するにはコマンドプロンプトを右クリックして管理者で実行を選びます。
net user administrator /active:yes
と入力し、Enterを押すことでAdministrator アカウントを有効にすることができます。
デフォルトではパスワードは設定されていません。
なお、無効にしたい場合にはコマンドプロンプトを右クリックして管理者として実行を選び
net user administrator /active:no
を入れ、Enterキーを押してください。

<参考>
http://blogs.yahoo.co.jp/akio_myau/46155167.html

なお、Windows タブレットにて、管理者権限でコマンドプロンプトを開くには、
1)[開始] 画面下部のベゼルから上にスワイプし、[すべてのアプリ] チャームをタップします。
2)[アプリ] 画面で、[Windows システム ツール] という見出しを探します。表示サイズによっては、右側にスワイプまたはスクロールする必要があります。
3)[コマンド プロンプト] を長押し (または右クリック) します。
4)表示されるメニューの [管理者として実行] をタップまたはクリックします。
5)ユーザー アカウント制御メッセージのプロンプトが表示されたら、[はい] をタップまたはクリックします。
管理者権限でのコマンドプロンプトウィンドウが表示されます。

<参考>
http://www-01.ibm.com/support/knowledgecenter/SSYRPW_9.0.1.1/ConfiguringWindowsRTForTraveler.dita?lang=ja


コメントは受け付けていません。