IEのバージョンが上がりEXCELで開けなくなった場合の対処

 

スクリプトで
Response.ContentType = “application/x-msexcel”
を使い、出力をEXCELで表示させていたが、IE11ではできなくなったようだ。
細かい原因を調べる必要があるが、今、わかっている対処方法をメモしておきます。

以下のようなメッセージが出て、EXCELで開けなくなった場合の対処方法を説明します。

20140819_144458

以下の画面で、「保存」の「▼」マークをクリックし、「名前を付けて保存」を選択します。

20140819_145652

以下の画面で「ファイルの種類」で「すべてのファイル」を選択し(1)、「ファイル名」の拡張子を「.xls」に変更し(2)、「保存」をクリック(3)します。

20140819_145744

以下の画面で「ファイルを開く」をクリックします。

20140819_145804

以下の画面で「はい」をクリックするとEXCELが開きます。

20140819_145824


コメントは受け付けていません。