GmailのIMAPを使用したとき送信者がGmailアカウントにならないように設定

 

Gmailのウェブ画面右上の歯車マークから、設定画面を開きます。

gmailfrom01

「アカウントとインポート」タブをクリックし、「名前」項目の「メールアドレスを追加」をクリックします。

gmailfrom02

以下の画面で「名前」を入力し、送信者にしたい「メールアドレス」を入力し、「エイリアスとして扱います。」をチェックし、「次のステップ」をクリックします。

gmailfrom03

以下の画面で「SMTPサーバー」には「smtp.gmail.com」を入力し、「ポート」で「465」を選択し、「ユーザー名」にGmailアドレスを入力し、「パスワード」にはGmailのパスワードを入力し、「SSLを使用したセキュリティで保護された接続」を選択し、「アカウントを追加」をクリックします。

gmailfrom04

以下の様なメールが送られてくるのですが、(1)「確認コード」を設定画面で入力し、「確認」をクリックするか、(2)メールのリクエストURLをクリックすると、設定完了です。

gmailfrom06

以下は「確認コード」を入力する設定画面です。

gmailfrom07

以下のように、指定したメールアドレスが追加されますので、その右側の「デフォルトに設定」をクリックします。

gmailfrommyadd01

そして、その下の「デフォルトの送信モードを選択」で「常にデフォルトのアドレスから返信する」を選択します。以上で、指定したメールアドレスが送信者でGmailでも送信できます.

gmailfrommyadd02


コメントは受け付けていません。