送信ドメイン認証対応SPFレコードのnslookupによる確認

送信ドメイン認証対応SPFレコードは、nslookupにより確認できます。
以下のコマンドです。

nslookup -q=txt ドメイン名(メールアドレスの@から後ろの文字列)

SPFが設定されていると

"v=spf1ip4:210.168.199.0/26~all"

の様に、該当ドメインからメールが送出されるMTAのIPアドレスリストが表示されます。

img-20081123t211821500

 

SPFが設定されていない場合は以下のようにSOAが表示されます。

yahoo.com
primary name server = ns1.yahoo.com
responsible mail addr = hostmaster.yahoo-inc.com
serial = 2006070513
refresh = 3600 (1 hour)
retry = 300 (5 mins)
expire = 604800 (7 days)
default TTL = 600 (10 mins)

img-20081124t204928187



コメントを残す