うざい「ユーザーアカウント制御(以下UAC)」を無効化

Windows Vista を使い出してうざいと思っている方多いと思います。
ちょっとしたアプリやコマンドを実行したときに頻繁に出る
「ユーザーアカウント制御(以下UAC)」の警告画面。
1年間、Windows Vista を使ってきましたが、もう我慢できません。

uac1

 

無効化します。
ただし、Windows Vista が推奨するセキュリティシステムなので、
それを認識して無効化してください。

<「ユーザーアカウント制御(以下UAC)」を無効化方法>

Windows Vista Home の場合

1)「コントロールパネル→ユーザーアカウントと家族のための安全設定→ユーザーアカウント」を選択します。
2)「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選択します。
3)「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のボックスからチェックを外し、「OK」をクリックします。

Windows Vista Business 以上の場合

1)「コントロールパネル→ユーザーアカウント」を選択します。

uac2

 

2)「ユーザーアカウント」を選択します。

uac3

 

3)「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選択します。

uac4

 

4)「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のボックスからチェックを外し、「OK」をクリックします。

uac5

 

再起動を要請されたら、再起動します。
そして、再起動後、UACは無効化されます。



コメント

うざい「ユーザーアカウント制御(以下UAC)」を無効化 — 1件のコメント

  1. ピンバック: 「新・よろずや工房」のPCカルテ » UAC無効化によりデフラグソフトが動くようになった

コメントを残す