ループ再生させるDVDの作り方講座

ループ再生させるDVDを作るには、IfoEditを使います。
IfoEditは、DVDの制御情報(IFO)ファイルを編集するためのソフトで、
以下にループさせるDVDの作り方が詳しく説明されていました。
http://room4310.blogspot.jp/2009/02/dvd.html
ここでは、IfoEditをダウンロードし、それで、ループ再生するようにIFOファイルを変更する方法を説明します。
その前後は、上記サイトの説明で十分と思います。
 
以下のサイトにアクセスし、IfoEditをダウンロードします。
とりあえず、「Downloads Newest:」の横のが最新のようなので、そのZIPファイル名のボタンをクリックします。
http://www.ifoedit.com/index.html
ifoedit01

以下の画面で、「Yes」を選択し、「I agree」ボタンをクリックします。
ifoedit02

ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると「IfoEdit.exe」が解凍されます。それが、プログラムファイルです。
それを実行すると、以下の画面が表示されますので、中央下の「Create IFOs」をクリックします。
ifoedit03

以下の画面が表示されますので、
「VTS_01_0.IFO PGC options」は「Create 1 PGC only」を選択し、
「VTS_01_0.IFO Chapter options」は「Create Chapter for each Cell」を選択します。
「1st VOB of Title-Set」には作成したVOBファイルを選択し、
「Same as source」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
ifoedit04

ループ再生するようにIFOファイルを書き換えます。
上部窓で、「VTS_01_0.IFO」の下位層の「VTS_PGCITI」下位層の「VTS_PGC_l」をクリックし、
下部窓で、「There is no PGC Command Table」という行を見つけて右クリックし、「Add PostCommand」を選択します。
ifoedit05

「1.Post Command」という行が作成されます。
「1.Post Command」の行を右クリックし、「Edit Command」を選択します。
ifoedit06

以下の画面で、「Command:」は「(Jump_VTS_TT) Jump to Title in this titleset」を選択し、
「Title No:」は「1」を選択し、「OK」をクリックします。
ifoedit07

左下の「Save」をクリックします。
ifoedit08

以下の画面で「保存」をクリックします。
ifoedit09

重ね書きをたずねてくるので、「はい」をクリックします。
ifoedit10

あとは、フォルダごとDVDに焼けば、ループ再生させるDVDの出来上がりです。
先の説明ページにあるように、イメージファイルを作成し、動作確認すると、失敗でDVDメディアを無駄にすることがありませんね。


コメントは受け付けていません。