Ghost32でコピー元に不良ブロックがある場合でもクローンの作成を続行

Ghost32でクローン作成中に、コピー元に不良クラスタがある場合、
以下のメッセージが、最悪のタイミングででると、ほんとに、いらっときます。
今回、10時間かかるクローン作成中に帰宅し、翌日出社したら、残り4時間で、以下のメッセージが出て止まってた。
「YES」を選択したが・・・・
20140430_200217

だいぶ待たされて、また、以下の表示。。。。。「YES」を選択し、残り4時間の処理開始です。。。泣
20140430_200239

 

http://poko7.sblo.jp/article/31200642.html
Ghost32でコピー元に不良ブロックがある場合でもクローンの作成を続行させる場合は、メニューでオプションを選び、
ghostopt01

「Misc」タブを選択し、「Force Cloning」をチェックします。
ghostopt02


コメントは受け付けていません。