EndpointでPING受信を許可するためのICMPエコー設定

 

EndpointをインストールしたらPINGが通らなくなった。
「ネットワーク脅威防止」を無効にするとPINGが通るが、いちいち面倒なので、EndpointでPING受信を許可するためのICMPエコー設定をしてみることに・・・
Endpoint画面で「状態」をクリックし(1)、「ネットワーク脅威防止」の「オプション」をクリックし(2)、「ファイヤウォールルール設定」をクリックします(3)。

endpoint2ping01

以下の画面で「追加」をクリックします。

endpoint2ping02

以下の画面で「ルール名」に「ICMP」と入力し(1)、「処理」で「このトラフィックを許可する」を選択し(2)、「ポートとプロトコル」タブを選択します(3)。

endpoint2ping03

以下の画面の「プロトコル」で「ICMP」を選択し(1)、[Echo Reply- 0]にチェックを入れ(2)、[Echo Request- 8]にチェックを入れ(3)、「OK」ボタンをクリックします(4)。

endpoint2ping04

ファイアウォールルールの設定に追加されたことを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

endpoint2ping05

設定は以上です。ウィンドウ右上にある「バツ」ボタンをクリックして終了して下さい。

endpoint2ping06


コメントは受け付けていません。