処理を実行させ自動でシャットダウンさせるフリーソフト「Exit-Win」

どぼんさんとこでバックアップの話題が出ていたので、
http://reboot.livedoor.biz/archives/50638743.html

ここでは、バックアップのタイミングについてこだわってみました。

指定時間にバックアップというのはありますが、
常時起動のサーバーならまだしも通常使っているパソコンがその時間に起動しているか疑問です。
そんなとき、処理を実行させ自動でシャットダウンさせるフリーソフト「Exit-Win」が便利です。

http://onegland.hp.infoseek.co.jp/exitwin/index.htm

バックアップ用バッチ作成ツール「XcopyGUI」が付属しているようですが、

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=961

で紹介した高速がウリの同期ソフト「FastCopy 」を併用すると、処理も速くなります。

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍し、そこの「Exit-Win.exe」を実行すると、
以下の画面が起動しますので「終了時処理内容」にコマンドを記入し「設定保存」をクリックします。
「FastCopy 」を使う場合、以下のコマンドを記入します。

「FastCopy 」フォルダfastcopy.exe /cmd=sync /auto_close /force_close /bufsize=64 /log /force_start /speed=full /acl=FALSE バックアップ元 /to=バックアップ先

注)バックアップ元パスの最後には¥マークを付け、バックアップ先パスの最後には¥マークは付けません。

exitwin1

以下の画面で「保存」をクリックします。

exitwin2

以下の画面で「はい」をクリックします。

exitwin3

以下の画面で「OK」をクリックします。

exitwin4

以下の画面で「即実行」をクリックすると、指定された「終了時処理内容」を実行後、パソコンをシャットダウンします。

exitwin5



コメントを残す