DELLサーバー400SCのシステムバッテリーの交換方法

久々に予備のサーバーを起動したところ、起動時に
「Performing automatic IDE configuration」と表示され、しばらくたって、
やっと動き始めたかと思ったら、
「Alert! System battery voltage is low.」
と表示された。「F1」キーを押したら起動するのですが、
システムバッテリーがなくなったようです。
普段起動していないPCはシステムバッテリーの寿命も短いとのことです。

以下にシステムバッテリーの交換方法をメモしておきます。

1)システムカバーを開きます。
m0013a1h

2)システム基板のバッテリの位置を確認します。バッテリの位置については、
  下図を参照してください。
  注意: バッテリの取り外しに、先のとがっていない非伝導性の道具を使って
  バッテリの横にあるタブを押す場合、
  道具がシステム基板に触れないよう注意してください。
  タブを押す前に、この道具がバッテリとタブの間に挿入されていることを
  確認してください。
  バッテリをこじって取り出さないでください。バッテリをこじった場合、
  ソケットの破損やシステム基板上のプリント回路切断などのシステム基板
  損傷の原因となります。
  タブを押して、バッテリを取り外します。
m0013aa3

3)新しいバッテリは、「+」の印がある方を上に向けてソケットに挿入し、
  カチッと収まるまで上から押し付けます。
m0013c67

4)システムカバーを閉じます。

5)電源ケーブルをコンセントに差し込んで、システムと周辺機器の電源を入れます。

6)新しく取り付けたバッテリをテストするには、システムの電源を切り、
  少なくとも 1 時間はシステムを電源コンセントから外しておきます。
  1 時間経過後、システムをコンセントに接続して、電源を入れます。



コメントを残す