「Chrome」の最新ベータ版0.3.154.9がリリース

GoogleのWebブラウザー「Chrome」の最新ベータ版0.3.154.9がリリースされました。
すでにインストールされている方は、いつバージョンアップしたかわからないくらいです。
バージョン確認したら、すでに「0.3.154.9」になっていました。

http://www.google.com/chrome/?hl=ja

今回のバージョンアップでは、

1)ポップアップウィンドウ表示時のURLなりすましに関するセキュリティ上の問題が改善。
2)タッチパッドでのスクロール操作が機能するようになった。
3)FlashやSilverlight、QuickTime、Windows Mediaなどのプラグインのパフォーマンスと安定性が向上。
4)https:接続などセキュリティで保護されたページの閲覧履歴をインデックス化しないようにした。
5)プロキシー経由でのWeb閲覧時のパフォーマンスやスペルチェッカーの精度向上。

などがあげられるが、
何がうれしいかっていうと、ExchangeServerのウェブ閲覧ができるようになったのが。。。嬉しい。



コメントを残す