「オートシェイプ」を利用して写真を切り抜く

画像編集ソフトを使わなくとも、エクセルやワードの「図形描画」の「オートシェイプ」機能を上手に使うと、デジカメ写真やイラストなどの画像を、さまざまな形に切り抜くことができます。

ここでは、ワードを使って切り抜いてみましょう。
1)図形描画ツールバーの「オートシェイプ」→「星とリボン」→「好きな形」を選んでください。
she1

2)描いた図形上で右クリックし、現れるメニューから「オートシェイプの書式設定」を選びます。
she2

3)「オートシェイプの書式設定」画面が開いたら、「色と線」タブにある「色」の項目で「▼」ボタンを押し、一覧から「塗りつぶし効果」を選びます。
she3

4)「図の縦横比を固定する」をチェックします。このとき「図形に合わせて塗りつぶしを回転する」もチェックしておくと、図形を回転させたときに中の画像も一緒に回転するようになります。
she4

5)ワードの文書画面に戻ると、描いたオートシェイプの形に写真が切り抜かれた状態で表示されます。
she5

なお、なお作成したオートシェイプオブジェクトをペイントブラシ上に貼り付けることにより、以下のような画像も作成できます。
このブログのヘッダーのバックグランドを作ってみました。
she6



コメントを残す