twitterからwordpressへのまとめサービス「Twitter Digest」をかっこよく出力

twitterからwordpressへのまとめサービス「Twitter Digest」を導入しているのですが、
リストタグを表示してないテンプレートのため、エントリーが見難い。

TwitterDigestForm01

長い間、そのままだったのですが、以下のサイトで同じ悩みを持ってる人がカスタマイズしていたので、
真似してチャレンジしてみた。
http://blog.sugulab.com/?p=8486
ちなみに「Twitter Digest」のオプションは、「Show tweet dates?」と「Show tweet times?」は
チェックを付けて、日付と時間は表示するの前提で作りました。
上記サイトではCSSを使っているようですが、説明が割愛されので、
強引にソースのカスタマイズだけで・・・

TwitterDigestForm02

カスタマイズした「twitter-digest.php」の「function ws_format_twee」は以下のようになります。

function ws_format_tweet($tweet) {
  $output = ‘<li class=”ws_tweet”>’;
  // Show the date/time if the options are selected
  $showTime = get_option(‘ws_td_showtime’);
  if (!$showTime) { $showTime = 0; }
  // Show the date if the option is selectd
  $showDate = get_option(‘ws_td_showdate’);
  if (!$showDate) { $showDate = 0; }
  $time_display = ”;
  if ($showTime == 1) {
    $time_display = gmdate(‘【H:i’, $tweet->created_at);
    // Add the comma if we are going to show the date as well
    if ($showDate == 1) {
      $time_display .= “, “;
    }
  }
  // Add the date
  if ($showDate == 1) {
    $time_display .= gmdate(‘m/d】 ’, $tweet->created_at);
  }
  // Use a small arrow for the status links if time and date are off
  if ($showDate != 1 && $showTime != 1) {
    $time_display = “-> ”;
  }
  // Add the status link
  $username = get_option(‘ws_td_username’);
  $output .= ‘ <a class=”ws_tweet_time” href=”‘.ws_status_url($username, $tweet->id_str).'”>’.$time_display.'</a>’;
  $output .= ‘<span>’.ws_make_clickable(wp_specialchars($tweet->text));
  if (!empty($tweet->in_reply_to_screen_name)
      && (!empty($tweet->in_reply_to_status_id))) {
    $output .=  ‘<a href=”‘.ws_status_url($tweet->in_reply_to_screen_name, $tweet->in_reply_to_status_id).'”>’.sprintf(__(‘in reply to %s’, ‘twitter-digest’), $tweet->in_reply_to_screen_name).'</a>’;
  }
  $output .= ‘</span></li>’;
  return $output;
}

そして、出力の確認なのですが、「Twitter Digest」のオプションで、
「Publish Options」の「Frequency」を「Daily」にし(1)、投稿時間を現在の時間の数分後に設定し(2)、
「Update Option」をクリックします。
「Ping TWitter」をクリックすると(5)、設定した投稿時間で前日のツイッターまとめが投稿されますが、
何度も確認するとき、同じ内容は投稿されないので、「Reset Database」(4)をクリック後、
「Ping TWitter」をクリックすることにより(5)、データベースがクリアされ、
何度も同じ内容が投稿されます。

TwitterDigestForm03

そして、投稿された結果が以下のとおりです。
CSS使った奴より、ちょっと地味ですが、なんとか見やすくなりました。

TwitterDigestForm04



コメントを残す