DWGファイル用の無償CADソフト「DraftSight」が64ビットにも対応

DWGファイル用の無償CADソフト「DraftSight」が64ビットにも対応したようです。
以下のサイトから入手できます。
http://www.3ds.com/jp/products/draftsight/download-draftsight/
いろいろなOSががサポートされています。
自分のOSの「DragtSightをダウンロード」をクリックして、実行して下さい。

DraftSight64-01

以下の画面で「スタンドアロンライセンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

DraftSight64-02

以下の画面で「使用承諾契約の条項に同意します」を選択して、「インストール」をクリックします。

DraftSight64-03

以下の画面で「完了」をクリックして下さい。

DraftSight64-04

以下の画面で「電子メールアドレス」を2回入力し、「Industry(業種)」を選択(私はIndustrial Equipment=工業設備)し、「Country(国)」を選択し、「タイトル」で適当な職業を選択し、「アクティブ化」をクリックします。

DraftSight64-05

以下の画面で「OK」をクリックします。

DraftSight64-06

以下のようなメールが届きますので、以下の「click here」をクリックします。

DraftSight64-07

以下のウェブ画面が表示されたら、アクティブ化完了です。

DraftSight64-08

なお、以下のPDFが結構わかりやすいく説明されています。
http://www.3ds.com/fileadmin/PRODUCTS/DRAFT_SIGHT/PDF/GETTING-STARTED-GUIDE-JP.pdf
 
また、DWG ファイルと DXF ファイルにはさまざまなバージョンがありますが、ODA ライブラリにより、 DraftSight は 2010 年 5 月時点で 2.5 以降のバージョンの .dwg ファイルと .dxf ファイルを読み取り、 R12 から R2007-2010 までのバージョンに保存できるようになっています。



コメントを残す